モビットの詳細

MOBT

金利 利用限度額 人気指数
4.8%~18.0% 1万~500万円 ☆☆☆☆☆
キャッシングの審査の時に気になるのが電話確認です。働いていない人にお金を貸すことは出来ないので必要な手続きなのですが、職場に電話がかかってくるのはまずいという人もいると思います。そんなに人にはモビットの電話連絡なしでキャッシングができるWEB完結ががおすすめです。申し込みはモビットのホームページ上から行います。申し込み手続きからお金の振り込みまでを全てWEB上で済ませることになります。普通なら審査に合格すればモビットカードが自宅に郵送されてくるのですがそれもありません。モビットのWEB完結なら職場にも家族にも誰にも知られることなくキャッシングをすることが出来ます

申し込んだその日に融資可能

カードローンを検討されていてお急ぎの用事の方がいたらモビットがおすすめです。モビットなら即日融資が可能です。

モビットは口コミでも評判なほど、申し込みから融資までの対応が早いと評判です。審査はインターネット上では10秒結果表示をうたっていますし、WEB上のみで申し込みを完結させるものでも30分で完了できます。

即日融資を希望するならば、平日であれば、14:50までに振り込み手続きまでを完了すると融資可能です。土日祝日を挟んでしまうと、その分遅くなってしまうので、当日の融資を検討している方は曜日を把握しておくようにしましょう。

また、WEB上のみで申し込みを完結できる「WEB完結型申し込み」からの申し込みであれば、カードレスで融資を受けることが可能です。カードローンはその名の通りカードがないと基本的には融資ができないことになりますが、お急ぎの方向けにモビットはこのようなサービスを用意しているのです。

ただし、「WEB完結型申し込み」には条件が二つあります。三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行のどちらかの本人名義の口座をもっていること・保険証をもっていることの2点です。口座は作らずとも融資を受けることは可能ですが、この指定口座を持っていると自動引き落としを利用することができる上に手数料がかからないので、長期で利用を考えている方は口座を開設した方がお得かもしれません。

自営業の方やフリーター(パート、アルバイトなど安定した収入がある方)の方はもちろん、他社で借り入れている状況の方でも安心して申し込みができます。

ただし、審査を受ける前にインターネット上にある仮審査を受けてみることをおすすめします。審査が不安な方にはとても便利ですし、モビットが掲げる基準が社外秘であるために通らない明確な理由はわからないからです。
カードローン初心者も経験者も、無理なく利用できるようにしましょう。

※14:50までの振込手続完了が必要です。

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

モビットの金利比較・審査スピード

モビットの金利は他社と比較した場合どの程度の位置にいるでしょうか。
単純に金利の上限を比較した段階だと、モビットはだいたい有名な大手消費者金融のうち、10社中真ん中くらいでしょうか。消費者金融の金利平均が23.4%と言われていますので、その平均より下でモビットを含む大手消費者金融が低金利で争っているというわけです。

しかし、モビットはこの金利で融資最大500万円という高額な上限を提示しています。もちろん、いきなり申し込んでこのような大口ローンを融資してくれる可能性はかなり低いですが、それはどの金融会社でも同じです。銀行から借りようとすると審査に時間もかかる上にこのくらいの高額だと公務員のような安定した職業か一部の高給取りに限られてしまいます。

モビットは他社との借入を1社にまとめたい場合などのおまとめローン※1で大変便利となっております。融資額が高額だと金利は安くて済みますので、モビット自体もおまとめローンを売り出しているということです。(※1おまとめローンという商品はありませんが限度額500万円の頼れるローン。資金使途が自由なのでおまとめ等幅広い使い方が可能です。)

また、返済を延滞することなくコツコツ返済していれば、増額融資の際に金利を下げて融資してくれる可能性が高くなります。増額融資をとくに考えていない場合でも、万が一に備えて金利を安くしてもらえるよう、信頼を得ておくようにしましょう。

また、モビットは10秒結果表示という速さです。10秒結果表示の場合は、のちほど追加で必要情報を入力したり確認の電話を受けたりしなければなりませんが、審査を急いでいる方は大変便利です。

金利だけで見るどの会社が自分にあっているのかわからなくなってしまいがちですが、このように提供しているサービス等を比較して自分が望むローンの形をとっているところが選びどころでしょう。また、審査を受ける前に、公式HPでできる返済シミュレーションをするようにしましょう。実際に自分が融資を受けたい金額に金利を設定すると自動で計算してくれるので総額が把握しやすいです。ぜひこういったサービスを利用しましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ